海外FXとは何か。それは海外にあるFX業者のことである。

…これだけじゃ不親切すぎるので、さらに説明します。(笑)

まず、FXとは?

FX(外貨為替取引)とは、海外の円貨を売り買いし、レートの動きによって生じた差額で儲ける投資のこと。株式投資と違いマーケットが世界中にあるから24時間の取引が可能。

FXの大きな魅力と言えばレバレッジ取引でしょう。

レバレッジ(てこ という意味)を使えば、証拠金(手元の金)以上の大きさの取引ができるのです。日本では金融庁のFX業界に対する締め付けがだんだん強くなっており、個人取引の最高レバレッジは25倍に制限されています。一方、海外FX業者はその会社がある国の規制によってレバレッジなどが決められるので、通常200-1000倍のハイレバレッジ(ハイレバ )取引が可能です。

どれだけ違うか検証しましょう。

1ドル=100円でUSDJPYを10万通貨買います。

日本国内FX業者(レバレッジ25倍)の場合

100×100,000÷25=40万→ 40万円の資金が必要

海外FX業者(レバレッジ500倍)の場合

100×100,000÷500=2万→ 2万円の資金が必要

同じ買い物でも違う業者を通すだけでこんなに値段が変わるんですね。

海外FXの大御所FXDDは最大500倍、新興のミルトンマーケッツでは最大800倍のハイレバ取引ができます!

少額から投資を始めてみたい、という方は小さい額で大きい取引ができる海外FXがいいのではないでしょうか?

投資には必ずリスクがあります。リスク管理のためにも少額取引のできる海外FXがおすすめです。