FXとは??

こんにちは。副業でプチ億万長者を夢見るサラリーマンです。   今日は、初心に帰って超・基本情報「FXとは」を説明します。 FXとは? FX(外貨取引)とは異なる2つの通貨を転換する取引を指します。 たとえば、円高(円がドルより高い・強い状態)の時、ここぞとばかりに海外旅行をしたり海外のバッグなどを買う人がいますよね。円が強いタイミングで円→ドル(ここでは旅行やバッグ)を買い、利益を得ます(=得をします)。これはFXの考えと同じです。   1ドル=90円でドルを買い、1ドル=120円のタイミングで売ったら1通貨あたり30円の利益が出ます。為替の動きを利用して取引の差額で利益を出すのがFXの考えです。   FXの特徴~スワップとは~ FX界には「スワップポイント」目当てのトレーダーもいます。スワップポイントとは2つの通貨の金利差のことです。 高金利の通貨を低金利の通貨で買い、ポジションを保持すると一日の終わりにスワップポイントを受け取れます。例えば安定性のあり金利の高いAUDと金利の低いJPYの通貨ペア=AUDJPYはスワップ受け取り狙いのFXトレーダーにとても人気です。   FXの特徴~レバレッジ~ FX取引の魅力は、レバレッジを使って自分の取引資金以上のダイナミックなトレードができることでしょう。レバレッジとは理科で勉強した「てこ」を指します。   重いものを軽々持ち上げられる「てこ」のように、レバレッジを効かせた口座では小さい金額で大きな取引額のポジションを持つことが可能になります。 国内FX業者は最大25倍(個人)。海外FX業者では200-1000倍の取引が可能。   FXは小額取引が可能、といわれるのはレバレッジのおかげなんですね。     みなさん、FXについて理解は深まりましたか? FXは株と違って小額取引が可能で手軽なので、投資を始めてみたいという人にお勧めです。

June 6, 2017

海外FX業者選びのツボ1

こんにちは。副業でプチ億万長者を夢見るサラリーマンです。 オフの時間や仕事の空き時間にサクッとできる副業を探していたところFX取引に出会いました。 自分は今2つの海外FX業者を使っていて、通貨ペアによって使い分けています。 ネット掲示板などでよく目にする某大手と新興FX業者です。 今日は自分流FX業者の選び方を紹介します。   海外FX業者か国内FX業者か   ハイレバ取引(ハイレバレッジ取引)ができるので、自分は海外FX業者一択です。笑 利益を出すためにFXやるんだから少しでも有利な条件で取引するのは基本じゃないですか? ※国内FX業者は最高レバレッジが25倍、対する海外FX業者は200-1000倍。     出金が可能なボーナスはあるか   入金ボーナスキャンペーンを行っているのはFX業者にとって当たり前。(ボーナスなしの国内FX業者は論外!)もっと踏み込むなら「出金が可能なボーナスはあるか」を考慮するべきです。 どの業者にもボーナス出金条件というものがあります。例えば決まった量の取引を完了しなくてはいけないとか、ある額まで口座残高を増やさなくてはならないとか・・・。いくらボーナスを貰ったからって、出金条件が難しすぎて出金できなければ意味ないですよね? 「どれだけボーナスをもらえるか」だけではなく、「ボーナスを出金できる可能性はどれだけあるか」も考慮すると、利益を上げやすいFX業者選びが楽になります。   約定力はあるか>スプレッド   スプレッドとはFX会社が提供している売値と買値の差です。 「スプレッドが広い=業者に払う手数料が多い」ということなので、トレーダーたちは血眼になってスプレッドが狭いFX業者(極狭スプレッド)を探します。   スプレッドが狭いに越したことはありません。でも国内FX業者のような「呑み業者」(お客さんのトレード勝ち負けを呑み込む→客の負け資金が収入となっている業者)は、意図的に約定スピードを落として顧客に不利なトレードをさせる場合があります。 いくらスプレッドが狭くても約定スピードが遅い・わざと約定させない業者では利益を取りづらいのです。 … Read More ›

June 6, 2017